ウォーターサーバーと浄水器

普段口にする水の安全性を考慮して、水道水は飲まないようにしている人も増えてきています。
そして、その選択肢として、ウォーターサーバーと浄水器のどちらを選ぼうか迷っているという人も多くなってきているのです。
浄水器がウォーターサーバーよりも優れているのは、設置するスペースがほとんど必要ないという点くらいでしょう。
ウォーターサーバーを設置するためには、ある程度スペースが必要になっています。
浄水器というのは、あくまでも水道水に含まれている塩素や不純物を取り除くための機器となっています。
つまり水道水の衛生面を向上させることが目的になっています。
それに、浄水器はフィルターを使って不純物などを取り除くのですが、フィルターはこまめに交換しなくては、フィルターに蓄積された不純物などが水に含まれてしまって、水道水以上に衛生面が悪くなってしまう危険性もあるのです。
反対にウォーターサーバーというのは、自然の天然水が新鮮な状態で配達されます。
ですから、ミネラルなどが豊富に含まれているだけではなく、水がまろやかになっていて、年齢に関係なく飲むことができるようになっています。
ミネラルなどの成分が含まれているわけですから、健康志向の人にもお勧めです。
毎月、天然水を買わなくてはならないというネックはありますが、安全性や品質をお金で買っていると思えば高い買い物だとは思わないのではないでしょうか?
また浄水器の場合は、水道と同じ水温の水が出るだけですが、ウォーターサーバーの場合は、冷水だけではなく、温水も出すことができるようになっています。
ですから、ガスや電気ポットを使わなくても、すぐにお湯を使用することができるため、ガス代や電気代を削減していくことも可能になっているのです。
このように、ウォーターサーバーと浄水器というのは色々な違いがあり、長期的に利用していく予定であったり安全性を求めるのであれば、なのであれば、ウォーターサーバーに軍配が上がることになります。

関連記事