雑菌対策を確認する

ウォーターサーバーは、タンクの中に天然水やRO水を入れて、飲みたいときに使うわけですが、タンク内で雑菌が繁殖してしまうということはないのでしょうか?
これでは、せっかくミネラルなどが豊富に含まれている水を飲めるとしても安全性は低いと考えることができます。
以前、ウォーターサーバーの中に空気が入ってしまって、雑菌が繁殖してしまうという問題がありました。
空気中というのは、酸素や窒素といった期待があるわけではなく、色々な雑菌や細菌も浮遊している状態です。
タンク内というのは、元々は真空状態なのですが、水をタンクに入れる際に一緒に空気や空気の中を漂っている雑菌が入ってしまっていたのです。
ペットボトルから水を入れる際に、泡が出ているということは、空気が一緒に入っているという証拠です。
さらにタンク内の水というのは、常に常温になっている上に、水が流れたりするということもないため、雑菌が繁殖しやすい環境になってしまっていたのです。
現在は各ウォーターサーバーも対策をしており、ボトルの中にある水をタンクに入れる際に、水と一緒に空気が入り込まないようにしたり、ウォーターサーバー内で殺菌をするように対策をしています。
ただし、そのウォーターサーバー会社によって、雑菌対策として、どのような方法を採用しているのかというのは異なっています。
万全な対策をしている会社もあれば、そうではない会社もあるのです。
ですから、契約をする前に、必ずどのような雑菌対策を施しているのかを確認するようにしたほうがいいでしょう。
また、水が常に入っている状態ですから、カビが発生してしまう可能性だってあります。
ですから、メンテナンス方法は簡単なのか、メンテナンスをすることで、カビ対策もできるのかを確認することが大切です。
このようにして、事前に雑菌やカビに対しての対策ができているのかを調べてから契約をすることで、安全に水を飲むことができるようになるのです。

関連記事