Category Archives: 新しいフォルダー

電気代はどれくらいかかる?

最近は、電気代も値上がりをしているわけですから、ウォーターサーバーを利用した場合、どれくらい電気代が発生してしまうのか気にになるところではないでしょうか?
ウォーターサーバーというのは、常に電気を使っている状態になるわけですから、あまり電気代がかかるようであれば躊躇ってしまうという人は多いでしょう。
ウォーターサーバーを1か月使ったとして、どれくらいの電気代になるのかというと、スタンダードタイプのサーバーで900~1000円ほどになるというのがほとんどです。
以前は、このスタンダードタイプのウォーターサーバーが主流だったのですが、最近は少しでも電気代を安くしたいと考える人も増えてきていることから、エコタイプのサーバーを提供する会社も増えつつあります。
エコタイプのウォーターサーバーの場合だと、アクアクララが提供しているウォーターサーバーが一番電気代が安くなっており、1か月あたりの電気代は350円前後に名ています。
ただし、エコタイプだとレンタル代が毎月かかってしまう場合もありますから、結果としてほとんどスタンダードタイプと変わらないということもあるでしょう。
ウォーターサーバーは、このように電気代として1000円ほどの出費になるということが多いのですが、結果として家計を助けてくれるという場合もあります。
ウォーターサーバーはお湯を作ったり冷水を作ったりすることができるようになっています。
ですから、冷蔵庫を何度も開閉する必要もなくなりますし、電気ポットを使わなくても問題なくなります。
また、電気ポットがないとしてもガスの使用量を減らすことができるでしょう。
ですから、普段から家で水を飲んだり、温かいお茶やコーヒーを飲むという人の場合、電気代を反対に安くしていくことも可能なのです。
事実、ウォーターサーバーを利用するようになってから、電気代がこれまでよりも安くすることができたという人も少なくありません。

ウォーターサーバーと浄水器

普段口にする水の安全性を考慮して、水道水は飲まないようにしている人も増えてきています。
そして、その選択肢として、ウォーターサーバーと浄水器のどちらを選ぼうか迷っているという人も多くなってきているのです。
浄水器がウォーターサーバーよりも優れているのは、設置するスペースがほとんど必要ないという点くらいでしょう。
ウォーターサーバーを設置するためには、ある程度スペースが必要になっています。
浄水器というのは、あくまでも水道水に含まれている塩素や不純物を取り除くための機器となっています。
つまり水道水の衛生面を向上させることが目的になっています。
それに、浄水器はフィルターを使って不純物などを取り除くのですが、フィルターはこまめに交換しなくては、フィルターに蓄積された不純物などが水に含まれてしまって、水道水以上に衛生面が悪くなってしまう危険性もあるのです。
反対にウォーターサーバーというのは、自然の天然水が新鮮な状態で配達されます。
ですから、ミネラルなどが豊富に含まれているだけではなく、水がまろやかになっていて、年齢に関係なく飲むことができるようになっています。
ミネラルなどの成分が含まれているわけですから、健康志向の人にもお勧めです。
毎月、天然水を買わなくてはならないというネックはありますが、安全性や品質をお金で買っていると思えば高い買い物だとは思わないのではないでしょうか?
また浄水器の場合は、水道と同じ水温の水が出るだけですが、ウォーターサーバーの場合は、冷水だけではなく、温水も出すことができるようになっています。
ですから、ガスや電気ポットを使わなくても、すぐにお湯を使用することができるため、ガス代や電気代を削減していくことも可能になっているのです。
このように、ウォーターサーバーと浄水器というのは色々な違いがあり、長期的に利用していく予定であったり安全性を求めるのであれば、なのであれば、ウォーターサーバーに軍配が上がることになります。

安い天然水は?

ウォーターサーバーの契約を結んだ場合、毎月天然水が配達されることになります。
天然水もお金がかかるわけですから、少しでも安いほうがいいと考える人は多いのではないでしょうか?
天然水は2人家族の場合は1か月に25リットル、4人家族の場合で50リットルほどとなっています。
ですから、少しでも安くしたいところですよね。
ウォーターサーバーによって、天然水の値段は違っています。
ですから、天然水の値段を比較していくことも大切でしょう。
ウォーターサーバーの中で一番、天然水が安くなっているのは、アクアセレクトとなっており、500ミリリットル当たり64円となっています。
2本以上(22.7リットル以上)の注文からになっていますから、2人家族以上であれば水が余ってしまうということはないでしょう。
二番目に天然水が安いのは、富士桜命水です。
富士桜命水は、500ミリリットル当たりが69円となっており、2本以上(24リットル以上)の注文から受け付けています。
天然水は2番目に安いのですが、レンタル費用が毎月かかるという点を考えると少しネックに感じる人もいるかもしれません。
そして、三番目に安いのは、フレシャスとなっており、500ミリリットル79円換算となっています。
4本以上(28.8リットル)以上の注文になっていますから、2人家族以上の方のほうがいいでしょう。
フレシャスは、アクアセレクトや富士桜命水と比べると企業としてのブランド力が高いですから、企業の信頼性や知名度が高いほうがいいと考えている人にぴったりになっています。
ここで紹介したウォーターサーバー3社は、全国に配送をしていますから、特定の地域に住んでいなくては配達をしてもらうことができないということはありません。
また、天然水の送料も無料になっていますから、天然水の費用以上の出費がかかるということもありません。
ただ、原水地が異なっていたり、含まれている成分が異なっていますから、契約を結ぶ前にどのような成分がどれくらい含まれているのかなどを確認してから選ぶようにするといいでしょう。

雑菌対策を確認する

ウォーターサーバーは、タンクの中に天然水やRO水を入れて、飲みたいときに使うわけですが、タンク内で雑菌が繁殖してしまうということはないのでしょうか?
これでは、せっかくミネラルなどが豊富に含まれている水を飲めるとしても安全性は低いと考えることができます。
以前、ウォーターサーバーの中に空気が入ってしまって、雑菌が繁殖してしまうという問題がありました。
空気中というのは、酸素や窒素といった期待があるわけではなく、色々な雑菌や細菌も浮遊している状態です。
タンク内というのは、元々は真空状態なのですが、水をタンクに入れる際に一緒に空気や空気の中を漂っている雑菌が入ってしまっていたのです。
ペットボトルから水を入れる際に、泡が出ているということは、空気が一緒に入っているという証拠です。
さらにタンク内の水というのは、常に常温になっている上に、水が流れたりするということもないため、雑菌が繁殖しやすい環境になってしまっていたのです。
現在は各ウォーターサーバーも対策をしており、ボトルの中にある水をタンクに入れる際に、水と一緒に空気が入り込まないようにしたり、ウォーターサーバー内で殺菌をするように対策をしています。
ただし、そのウォーターサーバー会社によって、雑菌対策として、どのような方法を採用しているのかというのは異なっています。
万全な対策をしている会社もあれば、そうではない会社もあるのです。
ですから、契約をする前に、必ずどのような雑菌対策を施しているのかを確認するようにしたほうがいいでしょう。
また、水が常に入っている状態ですから、カビが発生してしまう可能性だってあります。
ですから、メンテナンス方法は簡単なのか、メンテナンスをすることで、カビ対策もできるのかを確認することが大切です。
このようにして、事前に雑菌やカビに対しての対策ができているのかを調べてから契約をすることで、安全に水を飲むことができるようになるのです。

レンタル費用とレンタル期間

ウォーターサーバーというのは、サーバーを買い取るのではなく、レンタルして利用することになります。
ウォーターサーバーを利用する場合、電気代や水の費用のことだけを考えるのではなく、レンタル代のことも考えるようにしなくてはならないでしょう。
そのウォーターサーバーを提供している会社によって、レンタル費用としてどれくらいのお金が毎月必要になるのかは異なっています。
アクアクララや宅水便のキララのように1000円程度のレンタル費用が必要になる場合もありますし、アルピナのように500円ほどのレンタル費用になっている倍もあります。
反対に、ウォーターサーバーをレンタルしても、レンタル費用が掛からずに無料で利用することができるようになっている会社もあります。
レンタル費用無料の中で一番口コミでも評価が高くなっているのは、コスモウォーターとなっています。
コスモウォーターは、これまでに75万台以上レンタルされており、水の種類もRO水1種類と天然水4種類になっているため、用途に応じて水を注文することができるようになっています。
また、飲料水メーカーとして大手のキリンが提供しているアクウィッシュも、レンタル費用が無料になっています。
電気代も抑えやすい設計のウォーターサーバーとなっていますから、ウォーターサーバーにかかる出費も安くしやすく、口コミでも人気になっています。
これまでウォーターサーバーを利用したことがない人の場合、長期レンタルをしても合わなかった場合のことを考えて不安に感じているという人もいると思います。
このような場合は、1日~レンタル可能になっているウォーターサーバーを利用してみるといいでしょう。
短期でもレンタルをすることができるのであれば、万が一自分に合わなかった場合でも、すぐに返却をすることができますよね。
ただし、どの会社と契約を結ぶにしても、解約をした場合、ウォーターサーバーを返却するときに送料がかかるのか、短期レンタルでも解約金がかかるのかは先に確認をしておいたほうがいいでしょう。